セックスレスには「香り」も効果的?甘い香りでパートナーの性欲を高めてみよう。

MENU

性欲を向上させる香水

セックスレスの原因で多いのはパートナーの性欲衰退です。
全体的には女性よりも男性の方が老化による衰えが顕著に現れます。

 

しかし、性欲を失った状況はデリケートな部分なので、直接改善を求めるのは高リスクです。

 

また、根本的に性欲がないのではなく、マンネリ化によってパートナーに対して発情しなくなっているだけのケースも多いです。
そこで試してみる価値の高いツールが性欲を向上させる効果のある香水です。

 

香水で性欲向上する仕組み

相手の性欲を高める香水は以下の2種類あります。

  • 甘い香り
  • フェロモン系(媚薬系)

 

甘い香りは人間の構造上、ホルモン分泌を促すと言われています。
しかし、効果は限定的で主に交際前や交際して間もないカップルに効果的な手法です。
セックスレスの夫婦の場合はフェロモン系を活用しましょう。

 

無香料のフェロモン系香水もある

媚薬(びやく)とは性欲を向上させるためのもので惚れ薬とも呼ばれています。
セクシー系のビデオでは塗るタイプを使っている場面もありますが、香水タイプのものもあり、フェロモン香水と呼ばれています。
効果は個人差が大きいですが、無香料タイプのものもあり、香水ひとつでセックスレスが解消された体験談も多数あります。

 

そもそも性欲は動物的本能によって働くものなので、香水など外的要因であっても、キッカケがあればムラムラしてくるものです。
匂いのあるタイプもありますが、香水の匂いを嫌う人もいますし、普段香水をつけていない人だと、いきなり臭いの強い香水を付けると不自然でガツガツしすぎている感じも出てしまいます。
無香料タイプであれば、自然な流れでパートナーの性欲を向上させることができます。
100%の効果は期待できませんが、セックスレスに悩んでいるのであれば試してみる価値はあります。

 

塗るタイプの媚薬は慎重に

香水タイプよりも塗るタイプの媚薬の方が効果的で、セックスレスを解消するだけなら近道になるかもしれません。

 

しかし媚薬の多くは海外製のため、人体に有害な物質を含んでいる商品もあります。

 

また強力タイプは感度が大きく高まり、媚薬を使ったことがバレてしまうリスクもありますし、媚薬の使用をキッカケにパートナーが性に目覚めてしまう事例もあります。

 

フェロモン系の香水は薬に頼った飛び道具のような手法です。
効き目の軽いタイプで一切効果を感じられなければ、もっと強力なものを求めてエスカレートするのは危険なので慎重に検討してください。