男性だってセックスをしたくないなと感じる時があるんです!

MENU

セックスをしたくない理由【男性編】

 

男という生き物は、「何時いかなる時も性欲満タンでセックス大好き!」と勘違いされがちですがそんなことはありません。

 

当然セックスをしたくない時だってあるのです。

 

 

男性は忙しかったりして疲れている時はセックスを面倒に感じて、したくなくなります。

女性にとっては心外かもしれませんが、男性にとってはセックスにおける前戯は労働のようなもので、疲れているときほど億劫に感じます

 

ただ、それが女性には大切で、手抜きをするわけにはいかないとも思っているので、結果としてセックスしないという判断になります。

 

また、体が疲れている時は、単純に性欲より睡眠欲が勝つため、セックスしたいと思わないか、思っても寝る方を優先させたいのです。

 

 

他にもセックスをしたくない理由として、義務感を感じてセックスが嫌になったという話があります。

セックスにおいて、最も義務感を感じるのは子供をつくるためのセックスを迫られた時だと思います。

 

あとは、会ったらセックスするというような行動パターンが続いた時にも義務感を感じることがあります。

 

どちらかと言えば、多くの男性は自由を好み、他の人にコントロールされることを嫌う傾向にあるため、義務感があると意欲が削がれてしまうのです。

 

 

一緒にいる時間が長くなるほど気を付けたいのが、異性として見れなくなるという現象です。

これは、男女ともに起こりうることなのですが、女性に対して妄想やら理想やら幻想など、色々なことを思い描いている男性は特に注意が必要です。

 

だらしない女性

男性からすると、女性にはいつでもキレイでいてほしい、親しい関係でも恥じらいがあってほしい、など色んな理想があります

 

しかし、過ごす時間の長さに比例して、女性はこれらを怠りがちになります。そうすると一気に評価が下がり、異性として見られなくなってしまうのです。

 

 

男性は、女性が思っているほど性欲の塊というわけではなく、時と場合によってはセックスが嫌な時もあるということです。

 

セックスをしたくない理由【女性編】はこちら